FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

ビークル「J」

東京モーターショー 2013

川崎重工ブースで、SF映画から飛び出してきたようなコンセプトカー「三輪電動ビークル『J』」が展示されている。

626721.jpg

前輪2つ・後輪1つの電動三輪自動車で、タイヤ同士の位置関係や座席の高さが変わって、スピード重視の「スポーツモード」と安定重視の「コンフォートモード」に切り替わる。

P1560082.jpg

スポーツモードは前輪2つが近接してほとんど二輪バイクのような姿に。
乗り手はマシンと一体となったスポーツライディングが楽しめる。
コンフォートモードは前輪が離れ、座席が高くなる。リラックスした姿勢で運転でき、都市走行向きだ。

2013y11m24d_074911962.jpg

展示されていたのは「スポーツモード」。ブースではCGによるJの走行シュミレーション動画が流れていて、「スポーツモード」が走る姿や、走行中に「コンフォートモード」へ変形していく様子が見られる。

 動力源には、川崎重工が独自開発した大容量ニッケル水素電池「GIGACELL」を搭載。内部抵抗が少なく高速充放電を可能にし、架線を使わない電動路面電車「SWIMO」にも使われる。

BZdZaMbCIAA1Mnh.jpg

Jはコンセプト段階で、東京モーターショーのテーマ「世界にまだない未来を競え」に沿って作られた。開発予定は特に決まっていないが、精巧なモデルを目の前にするといろんな夢が膨らんでくる。


関連記事

 車・バイク

 東京モーターショー 2013 三輪電動ビークル『J』

0 Comments

Leave a comment