FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

浮遊惑星

地球からわずか80光年の距離に、宇宙を孤独に漂う「浮遊惑星」が発見された。

pso-j318-5-22.jpg

この浮遊惑星は「PSO J318.5-22」と名付けられ、惑星の周りを公転するのではなく孤独に浮かんでいる。誕生してまだ1200万年と幼く、若い恒星の周りを回る巨大ガス惑星と似た性質をもっているという。

この浮遊惑星を発見した国際研究チームを率いるハワイ大学マノア校天文研究所のマイケル・リュー氏は、「こんなふうに宇宙を自由に漂っているものは初めて見た」と述べる。

「他の恒星の周囲を回っている若い惑星とまったく同じ性質を備えているが、この星は軌道をそれてひとり漂っている」とリュー氏は語る。

AE94C966-4D3D-46C4-A64F-038F385ED77A_w640_r1_s_cx0_cy16_cw0.jpg

この10年間に多数の太陽系外の惑星が発見されたが、その多くは主星のふらつきや減光を手がかりに間接的に観測されたもので、直接撮像で観測できるものは少ない。

この惑星の質量は木星のたった6倍。

褐色わい星と呼ばれる天体を探していて見つかった。通常の褐色わい星よりも赤い光を発していたため、別の望遠鏡を使って赤外線で観測したところ、惑星であることが明らかになったという。

関連記事

 サイエンス

 PSO J318.5-22

0 Comments

Leave a comment