FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

Windows XPの市場シェア


logo.png

2014年4月9日にサポート終了が決定している「Windows XP」の世界シェアが21%に低下していることが米国時間9月19日に開催されたMicrosoft社のFinancial Analyst Meetingにおいて発表されました。

2001年の発売から12年を経た現在でも高い人気を保っているWindows XPですが、2014年4月のサポート終了に向けてカウントダウン段階に入っています。

cap_m.png

2013年7月に開催されたMicrosoft社のパートナー企業向けカンファレンスにおいて同社は、サポート終了日までにXPのシェアを10%までに低下させたいと目標値を発表していましたが、今回の発表では「13%」という具体的な数値を示すようになっており、より現実的な時期に入ってきたことを感じさせます。

2013年4月:Windows XPのシェア約39%、WindowsXP・InternetExplorer6・Office2003サポート終了の発表、

2013年9月:Windows XPのシェア約21%と発表

2014年4月:サポート終了時点でのWindows XPのシェア目標値13%と発表、WindowsXP・InternetExplorer6・Office2003サポート終了

歴代ベストの名作OSとの誉れも高く、いまだにビジネスの現場では現役で活躍していることも多いWindows XPですが、ついにその歴史を終える日が近づいてきたようです。

しかしMicrosoftの思惑に反して、特に海賊版が広く使われている中国国内を中心として、Windows XPを継続して使用する動きも見られるのも事実です。


関連記事

 インターネット・パソコン

 Windows XP

0 Comments

Leave a comment