FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

夏バテランキング


ウェザーニューズは「夏バテに関する意識調査」の結果を発表した。

調査結果は、同社の会員である「ウェザーリポーター」の約2万人から、猛暑続きだった7月13日に寄せられた体感データと、7月6~13日の気温解析データをまとめたもの。

「夏バテ」を最も体感したのは愛媛県

「今の夏バテ具合はどうですか」と質問。
「もうバテた」「そろそろバテそう」「まだ大丈夫」の各選択肢にスコアを設定、回答として寄せられた体感データを基に独自の「夏バテ指数」を算出した。

指数をエリア別にランキング化すると、

四国(69・0%)がトップで、以下
近畿(62・2%)、沖縄(59・9%)、
関東(58・4%)と続く。

20130722_1.jpg

ただ、四国エリアの平均最高気温は34・5℃と、関東、近畿に比べれば低かった。都道府県別に「夏バテ指数」をまとめたところ、1位愛媛、2位高知、3位富山、4位香川と、上位4傑に四国3県がランクインした。

平均最高気温1位は埼玉、都市圏が上位に

20130722_2.jpg

都道府県別で見た夏バテランキングは

1位が愛媛(最高気温は34.7℃)、
2位が高知(同32.7℃)、
3位が富山(同33.9℃)、
4位が香川(同36.0℃)となった。

最高気温ランキングは

1位から埼玉(同37.2℃)、
愛知(同36.7℃)、
東京(同36.5℃)、
京都(同36.4℃)の順だった。

関東エリアが平均最高気温が高いにも関わらず、夏バテ率が低いことから「関東の人は暑さに強い」と分析。

その理由として「ビル群の冷房や休憩スポットが多い」ことが考えられるとしている。

関連記事

 ニュース

0 Comments

Leave a comment