FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

15歳少女の発明

彼女の名前はアン・マコシンスキーさん。

可憐な容姿もさることながら、人の体温だけで使用出来るLEDライトを発明した、明晰な頭脳の持ち主なのだ。

2013y06m30d_084407824.jpg

6年生の頃からサイエンスフェアに参加してきたといい、かつてより代替エネルギーをプロジェクトの題材にしてきた。

数年前、熱移動により電気を作り出すペルティエ・タイルという素材に巡り合い、人間の体温で発電出来ないかと考えてきたのだという。

計算の末、マコシンスキーさんは人の手の温度だけでLEDを光らすだけのエネルギーを作り出せると確信。

オークションサイトeBayでペルティエ・タイルを購入し、数々の挫折を繰り返しながらも、この実験に没頭。

十分なボルテージを作り出すべく変圧器を自作し、サーキットを変えて、ようやっと電池いらずのLED懐中電灯へとつながった。

この懐中電灯は体温と外気温の差が大きい方が明るくなる。

これはペルティエ・タイルの性質のせいで、外気温が10℃の時よりも5℃の時の方が電流が流れやすいらしい。

しかし外気温が10℃の時でも、20分は安定して光を維持する事ができるのだとか。






関連記事

 サイエンス

0 Comments

Leave a comment