FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

Windows 8.1


アメリカマイクロソフトは、2013年内に提供を開始する予定の「Windows 8.1」について、新規に追加する機能の一部を、公式ブログ上で明らかにした。

Start-screen-High-res_2919DBB2.png

今後徐々に詳細を明らかにし、6月26日以降に公開される「プレビュー」版で、一般の人でも変更点を確認することができるようにする。
Windows 8.1」では、ウェブブラウザが「Internet Explore 11」にバージョンアップ。
ウェブブラウング時のタッチパネル操作がしやすくなり、インターフェイスの変更も可能になる。

起動時の画面を、スタート画面ではなく、アプリの一覧にすることもできる。また、「コントロールパネル」から入らなくても、パソコンの設定が変更できるようになり、表示解像度や電源オプション、ウィンドウズアップデートの設定や、「SkyDrive」の利用可能領域などが確認できる。

Multitasking-High-res_0130F94A.png

起動時のパーソナライゼーション画面や検索、プリインアプリ、ウインドウズストア、クラウド接続についても、複数の新機能が追加される。パーソナライゼーション画面では、ロックスクリーンで複数の画像をスライドショーで表示できるようになるほか、スタート画面に好きな壁紙を設定したり、スタート画面のタイル表示について、2サイズのみだった表示サイズを、より多くのサイズに切り替えることが可能になる。

また、 画面右端から内側にスワイプ(なぞる)することで表示されるチャームでは、「検索」→「アプリ」を選択するとアプリの一覧が表示されていたのに対し、次期バージョンでは、画面下から上に向かってスワイプすることで、アプリの一覧が表示されるようになる。ストアからアプリを新規にインストールすると、これまでのようにスタート画面にアプリのタイルが自動追加されるのではなく、アプリの一覧画面に追加され、「新規」のマークが表示される。 また、検索については、検索チャームが「Bing」を使ったグローバル検索に変更。検索の結果表示された音楽や動画は、その場で再生することが可能になる。

ウインドウズストアでは、無料アプリやホームページ上のニュース、リリースの情報をより詳しく表示するようになり、バックグラウンド環境でのストアアプリの自動アップデート機能が追加される。そのほか、マウスの操作性も向上。マウスのポインターを画面左下に移動させたきにスタートボタンが表示される動作を、カスタマイズできるようになる。

Windows 8.1」は、「Windows 8」の次期バージョンで、ウインドウズストアで無償提供される。すでに「Windows 8」を使用している人は、アップグレードで利用できるようになる。

関連記事

 インターネット・パソコン

 Internet Explore 11 Windows 8.1

0 Comments

Leave a comment