FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

17年後もガソリンエンジン車9割

電気自動車の普及が期待される一方で、ガソリンエンジンなどの燃費性能が向上していることから、17年後の2030年でも、ガソリンや軽油のエンジンを搭載した車が世界の自動車販売のおよそ90%を占めるとする民間の予測がまとまりました。

この予測は、調査会社の「富士経済」が自動車メーカーや消費者への聞き取りなどを基にまとめたものです。

今月発表された最新の予測によりますと、2030年1年間の世界の自動車の販売台数は去年より56%増えて、1億2400万台になるとしています。

2013y03m30d_224418080.jpg

このうち、電気自動車やモーターとエンジンの両方を使うハイブリッド車の販売台数は合わせて1364万台で、全体に占める割合は合わせて11%と予測しています。

2013y03m30d_224435838.jpg

これは去年よりおよそ9ポイント増えていますが、なお全体の1割ほどにとどまっています。

2013y03m30d_224453666.jpg

一方、ガソリンや軽油で走るエンジンの車は1億1036万台となり、全体の89%に上ると予測しています。

理由としては、充電設備の整備などが課題となって電気自動車の普及が伸び悩む一方、エンジンの燃費性能が急速に向上していることを挙げています。

2013y03m30d_224509510.jpg

調査会社は、「アメリカで新しいシェールガスの開発が進んでガソリンの価格が下がることも予想され、当分はエンジンの車が主流の時代が続くのではないか」とみています。

関連記事

 ニュース

0 Comments

Leave a comment