FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

インフルエンザ流行レベルマップ


2012/2013年シーズンのインフルエンザの定点当たり報告数は2012年第43週以降増加が続いている。

2013年第4週の定点当たり報告数は36.44(患者報告数180,085)となり、今週も大幅な増加となった。

japan.png

定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約214万人(95%信頼区間:200万人~228万人)となり、5~9歳約35万人(16.4%)、10~14歳約30万人(14.0%)、30代約26万人(12.1%)、0~4歳約25万人(11.7%)、40代約23万人(10.7%)、20代約20万人(9.3%)の順となっている。

都道府県別では新潟県(53.81)、千葉県(53.22)、長崎県(50.91)、埼玉県(49.53)、愛知県(46.65)、福岡県(45.74)、福島県(45.41)、神奈川県(41.69)、東京都(41.29)、茨城県(41.25)、愛媛県(40.46)の順となっており、第2週、第3週に続いて第4週も全ての都道府県で前週の報告数よりも増加がみられた。

全国の保健所地域で警報レベルを超えているのは300箇所(44都道府県)と増加し、注意報レベルのみを超えている保健所地域は236箇所(45都道府県)となった。

2012年第36週以降これまでの国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く検出されている。

関連記事

 ニュース

0 Comments

Leave a comment