FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

新国立競技場デザイン決定

日本スポーツ振興センターは15日、世界中のクリエイターから募集した国立競技場のデザイン案のなかから採用デザインを発表した。

新国立競技場は、その立地条件や収容人数、スポーツからコンサートまで行う多様性などの条件面もさることながら、「新しい時代のシンボルとなるべき創造力」が求められ、デザイン案を世界中のクリエイターから募集していた。最終審査に残った作品の中から、採用作に贈られる「最優秀賞」(賞金2,000万円)のほか、「優秀賞」(賞金700万円)と「入選」(賞金300万円)が発表されている。

○日本の技術を尽くして斬新なデザインを実現

最優秀賞に選ばれたのは、ザハ・ハディド・アーキテクツのデザイン。改築案の中でも特に話題を集めていた、近未来的なデザインだ。

2012y11m18d_062926444.jpg

2012y11m18d_062836526.jpg

審査委員会は、このデザインについて「極めてシンボリックな形態だが、背後には構造と内部の空間表現の見事な一致があり、都市空間とのつながりにおいてもシンプルで力強いアイデアが示されている。可動屋根も実現可能なアイデアで、文化利用時には祝祭性に富んだ空間演出が可能」と評価。中でも、最も高く評価されたのは「大胆な建築構造がそのまま表れたダイナミックなアリーナ空間の高揚感、臨場感、一体感」、そして「強靱(きょうじん)な論理に裏付けられた圧倒的な造形性」だったという。

2012y11m18d_063016394.jpg

2012y11m18d_062856932.jpg

このデザインについて、一見して分かる通り実現は容易なことではない。中でも、「象徴的なアーチ状主架構」は「現代日本の建設技術の粋を尽くすべき挑戦になる」と講評でも触れられている。また、講評でも触れられているとおり「強いインパクトをもって世界に日本の先進性を発信し、優れた建築・環境技術をアピールできるデザイン」であることが評価されたといえる。
関連記事

 ニュース

 新国立競技場

0 Comments

Leave a comment