FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

踏み間違い衝突防止アシスト

日産は、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故の軽減を目的とした「踏み間違い衝突防止アシスト」技術を開発し、年内にエルグランドに採用すると発表した。

2012y10m27d_111237507.jpg

日産は今までも衝突の回避を支援するテクノロジーの開発に注力し、安全技術を商品化してきた。

その中のひとつに「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」があり、一部仕様向上するエルグランドに本年末までに採用される予定とのこと。

エルグランドは、これまでもアラウンドビューモニター、移動物検知(Moving Object Detection)機能等、先進安全装備を世界に先駆けて採用されている。この踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)についても、同車から搭載していく。

2012y10m27d_110952450.jpg

この技術は、駐車場等で運転者がブレーキと間違えてアクセルを踏みこんだ結果、クルマが暴走、壁などに衝突する踏み間違い事故の軽減を目的としている。

アラウンドビューモニターの4台のカメラと超音波ソナーを使い、クルマが現在いる場所が駐車スペースなのか、進行方向に壁などの障害物が存在するかを検知し、必要に応じて加速を抑制するとともに衝突の前にブレーキが作動するシステム。

fMQFcsSyAo6arzE14PyZCCw5y0tdsjKPtEIffWvX2PF2C2XRHvYRIcCpLRkK3xPK+GSPon0MT4a1tjwAuwrJAw==.jpg

日産は交通事故による死亡・重傷者数を実質ゼロにすべく、Vision Zero(ビジョンゼロ)という安全目標を掲げている。

この目標を達成する推進力となるのが、クルマが置かれている状態を、「危険が顕在化していない」状態から「衝突後」にいたる6段階で捉え、それぞれの状態で発生する危険要因に対して最適なバリアを働かせる<セーフティ・シールド>というコンセプトとのこと。

商品化する「踏み間違い衝突防止アシスト」はこの取り組みに基づいているという。
関連記事

 ニュース

 踏み間違い衝突防止アシスト

0 Comments

Leave a comment