FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

バッテリー内蔵デスクトップPC


NECは2012年10月22日、標準搭載の内蔵バッテリーで9時間駆動できることをうたうデスクトップPC「Mate タイプMC」(写真)を発表した。

2012年12月中旬に出荷する。日中の労働時間の多くをバッテリーによる電源供給だけでカバーできることになる。価格(税別)は、17万2000円から。

d03aca54.jpg

大容量の充電池(バッテリー)を標準で内蔵したデスクトップPC。

電気料金が安価な夜間に充電しておき、電気利用が集中する日中はバッテリーから電源を供給する、という使い方を想定。

あらかじめ指定したスケジュールでバッテリー駆動やACコンセント駆動を切り替えられる。

バッテリーを内蔵することによって、UPS(無停電電源装置)と同様の使い方ができる。

停電した際に、バッテリーの電力を使ってWindowsを休止状態に移行できるため、ACコンセントからの電源供給が絶たれてもデータを保護できる。

また、本体の電源を切った状態でもUSB接続した機器の充電が可能である。

関連記事

 インターネット・パソコン

0 Comments

Leave a comment