FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

3万年前のマンモス

ロシア東シベリアの北部タイミル半島で、11歳の少年が極めて保存状態のよい約3万年前のマンモスの死骸を発見、専門家らは「100年に一度の発見」と指摘している。

scn12100700540000-p1.jpg

マンモスが見つかったのはエニセイ川の川岸付近。11歳のエフゲニー・サリンデル君が8月、散歩中に異様な臭いに気付き、永久凍土の下に埋もれているマンモスのかかとの部分を見つけた。

両親から連絡を受けた専門家が先月に発掘作業を実施したところ、マンモスは体長約3メートル、死亡当時15~16歳の雄で、皮や肉、牙だけでなく内臓の一部も残されていることがわかった。

scn12100700540000-p2.jpg

これほど保存状態のよいマンモスの死骸が発見されたのは1901年以来だという。

このマンモスは発見者のエフゲニー君の愛称にちなんで「ジェーニャ」と名付けられた。
関連記事

 ニュース

0 Comments

Leave a comment