FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

兵庫県姫路市のナンバープレート

兵庫県姫路市の125cc以下の原付バイクのナンバープレートが11月15日から選択制になる。

姫路市では市のイメージキャラクターの「しろまるひめ」を描いた「ご当地ナンバープレート」を採用しているが、従来のナンバープレートを求める声が挙がり2種類から選べるようになった。

2012927182214.jpg
総排気量が50cc以下(または定格出力が600w以下)のもの(ミニカーを除く)

2012927182241.jpg
総排気量が50ccを超え90cc以下(または定格出力が600wを超え800w以下)のもの

2012927182326.jpg
総排気量が90ccを超え125cc以下(または定格出力が800wを超え1000w以下)のもの

一般的には総務省の通達に基づいた長方形のものが使用されているが法的な拘束力はない。

そのため、市区町村の条例によってデザインを決定することができる。

2007年7月に愛媛県松山市が、同市を舞台にした司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』をイメージし、雲型のプレートを初めて導入したのが「ご当地プレート」の始まり。

今回の新しいデザイン。

1_20120930180249.jpg

2_20120930180249.jpg

3_20120930180249.jpg

姫路市では無料で通常型に交換できるようにする予定だが、番号は変更される。

なお小型特殊自動車は従来から通常型のみの採用。

ミニカーはデザインナンバーと通常型の選択が可能だったため、変更はない。

車やバイク好きの好みは多種多様なようだが、ユーザーにとって選択肢が増えるのはうれしいことだ。

関連記事

 ニュース

0 Comments

Leave a comment