FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

BitTorrent

イギリスのバーミンガム大学研究チームによる発見で、今週イタリア・パドヴァで行われたSECURECOMM 2012での発表によると、ファイル共有ソフトであるBitTorrentを使用して海賊版の音楽や映画、電子書籍をダウンロードした場合、ダウンロードした人のIPアドレスが当局によって3時間以内に記録されていることがわかりました。

bittorrent1.gif

Tom Chothiaさんは3年の間BitTorrentのクライアントを装い、ソフトウェアを動作させることによって、このことを発見、BitTorrentはクライアント同士でアップロードされたデジタルメディアファイルを共有するファイル転送プロトコルですが、研究チームは偽物のサーバをまるでファイル共有者であるかのように見せかけたところ、ファイルの共有が当局やセキュリティ会社、政府の研究機関などによってモニタリングされていることがわかった、とのことです。

膨大な数の人々のIPアドレスが記録されているとして、将来行われるかもしれない著作権侵害の訴訟に備えているのか、

単に問題の大きさを測って政府の次なる対応に役立てるためなのか、

その目的は明らかではありません。

200402379-001-thumb-600x460-163350.jpg

しかし、訴訟のための証拠としては不十分かもしれない、とChothiaさんは言います。

「モニターは違法なコンテンツを共有している人たちに接続しましたが、実際に共有されているファイルを集めることはしませんでした。

したがって、ファイル共有を監視したという証拠が裁判で役立つかどうかは疑問のあるところです」とのことです。
関連記事

 インターネット・パソコン

 BitTorrent 著作権侵害 ファイル共有

0 Comments

Leave a comment