FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

セブンイレブン?実はキオスク

世界貿易機関(WTO)に22日に正式加盟し、知的財産権の保護徹底を義務づけられたロシアでは、違法コピー商品が横行して商標権を侵害する事案が相次いでいる。モスクワ郊外には“偽セブンイレブン”も出現、当局の取り締まりもなく野放しの状態だ。

20120823russia_1.jpg

モスクワ北郊の街で、コンビニエンスストアのセブンイレブンとそっくりの看板を掲げていたのは、たばこや酒類を販売するキオスク(売店)。地元住民によると、店は2年ぐらい前からあり、半年ほど前にこの看板を掲げた。セブンイレブン・ジャパンによると、ロシアでは店舗を展開しておらず、経営者が勝手に商標を模倣したとみられる。

2012y08m25d_105218586.jpg

ソ連崩壊後のロシアでは、海賊版CDや違法コピー商品が横行。状況は改善しつつあるとはいえ、最近もソニーやナイキ製品を模した事件が摘発された。一例を挙げれば、東部イルクーツク州内だけで今年、偽ブランドの疑いのある商品は約2万点、発見された。

2012y08m25d_105236660.jpg

モスクワ郊外のキオスク店で掲げられていたセブンイレブンのマークとそっくりの看板。地元住民によると、半年前からこの看板が掲げられるようになったという =22日、モスクワ郊外(佐々木正明撮影)

モスクワ郊外に出現した“偽セブンイレブン”は、バス停留所に隣接。商店の実態は、ロシアで一般的にみられるキオスクだ =22日(佐々木正明撮影)
 政府は新たに知財権保護を浸透させるための専門裁判所を設置するなど、WTO加盟に伴い取り締まりを強化する方針だが、違法業者との“いたちごっこ”が続くとの見方もある。

ソース:産経ニュース
関連記事

 ニュース

 セブンイレブン

0 Comments

Leave a comment