FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

金星食

明けの明星の金星がキラキラと輝いています。その金星が8月14日の3時ごろ、細い月に隠されるという現象「金星食」が起こります。

spContents1_img4.jpg

金星が月の明るい縁から隠され始める(潜入する)のは2時40~50分ごろ、月の暗い縁から現れ始める(出現する)のは3時30~50分ごろです(隠されている間は、もちろん金星は見えません)。

観察する場所によって時刻や、月のどの位置から潜入/出現するかが変わります。また、一瞬で金星が見えなくなるわけではなく、隠され始めてから完全に隠されるまでは1分ほどかかります(現れるときも同様です)。

観察するのに特別な道具は不要で、肉眼でもじゅうぶん見て楽しめます。双眼鏡や天体望遠鏡があれば拡大できるので、月の模様も見えるでしょう。高度が低いので、東の方向がよく開けた見晴らしのよいところで観察しましょう。

20120806-567-OYT1T00237-20120806-512743-1-L.jpg

月と金星の周りにはオリオン座など冬の星座たちが見えており、高いところには木星もあります。また8月の中旬はペルセウス座流星群が活動しているので、流れ星も見えるかもしれません。金星食だけでなく、周りの星々や流れ星も一緒に楽しみましょう。


関連記事

 サイエンス

 金星食

0 Comments

Leave a comment