FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

宇宙戦艦ヤマト リメーク

アニメブームの起点となった昭和49年の「宇宙戦艦ヤマト」が38年ぶりにリメークされ、

「宇宙戦艦ヤマト2199」としてよみがえる。全体を7章に分け、

4月7日から全国10カ所の劇場で第1章のイベント上映などが始まり、

来年にはテレビ放映も予定。スタッフは第1作に魅了されてアニメ業界に入った世代が中心で、

オリジナルを尊重しながら設定を見直し、魅力的な最新SFアニメに仕上がっている。

yamato2199_000-acf25.jpg


ガミラス星人の攻撃で滅亡寸前の地球を救うため、はるかイスカンダル星へと旅立つヤマト。

リメーク版では、マゼラン星雲にあるイスカンダル星への距離が14万8千光年から

16万8千光年に改められるなど、最新の知見も含めて

「理屈付けが可能な部分は徹底的に理屈付けを行った」とされている。

47bc00ee00952574e508176f381f4c53.jpg

監督はメカデザインのベテラン、出渕裕(いづぶち・ゆたか)(53)。

「最初にヤマトを見たときは高校1年生。

オファーは4年前だが、この30年近く、もし機会があれば、

ヤマトの設定の矛盾をこうすればクリアできるのではと考えていた」と笑う。

たとえば、オリジナルでは冥王星に海があり、ヤマトはそこで死闘を繰り広げる。

51aVPbWIhUL-e3193.jpg

極寒の星に海はあり得ないが、「おかしな部分を取り払うことでつまらなくなるなら、

それは何とか残したかった」と出渕監督。

リメークではガミラス人が移住のために施した「惑星改造」で海が作られた-という設定だ。
関連記事

 映画

 宇宙戦艦ヤマト 「宇宙戦艦ヤマト2199

0 Comments

Leave a comment