FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

最古の天体写真発見

国立天文台は16日、1900年前後に東京都心で撮影された日本最古の天体写真400枚以上が見つかったと発表した。

tenntaiSozai40_m500.jpg

日本で初めてとらえられ「Tokio」や「Nipponia」と命名された小惑星も写っており、当時の都心の空は、天体観測ができるほど暗かったことがうかがえる。

渡部潤一同天文台教授は「日本の天文学が、江戸時代の暦学から天体物理学へ脱皮しつつある時代の貴重な資料だ」と話している。

fig1-brashear-m.jpg

乳剤を塗ったガラスの乾板、約2万枚に星空などが写し出されていた。

詳しく調べたところ、うち437枚は1899~1917年、東京・麻布にあった東京帝大東京天文台時代のものと判明。

これらは関東大震災や、天文台が現在の東京都三鷹市に移転後の火災で失われたと思われていた。

最も古い写真は1899年3月5日撮影。

口径20センチの天体望遠鏡で、とも(船尾)座方向をとらえ、14等級の星が確認できる。

日本初の小惑星は1900年3月の観測。

ほかには、現在では高い山で見られるような夜空が、都心にあったことを示すオリオン大星雲の写真もあった。

成果は19日から京都市で開かれる日本天文学会で発表する。
関連記事

 サイエンス

0 Comments

Leave a comment