FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

ブラックホール

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月22日、

JAXAインターナショナルトップヤングフェローのPoshak Gandhi研究員を中心とする研究チームが、

米国航空宇宙局(NASA)の広域赤外線探査衛星「Wide-field Infrared Survey Explorer(WISE)」

が取得したデータを用いて、ブラックホール周辺が突然明るく輝きだす珍しい現象をとらえたことを発表した。

011l (1)

今回の成果は、ブラックホールとジェットに関する新たな発見をもたらしたとのことで、

その詳細は2011年10月10日発行の天文学と天体物理学を扱う米国の専門誌

「The Astrophysical Journal」にて掲載される予定。

ブラックホールそのものの観測は難しく、ブラックホールに物質を供給する「降着円盤」や

ジェットそのものについては、そこから放出されるX線、γ線、

電波などの観測を通じてブラックホールの謎の解明に向けた取り組みが世界各所で進められている。

今回の成果は、ブラックホールから放出されるジェットと降着円盤をつなぐ付け根の

最も明るい部分の観測を、WISEを用いた赤外線観測で実現したというもの。

ほかのブラックホール同様、きわめて高い密度で物質が集まっており、

その強い重力のため、光ですら逃げ出すことができないのは変わらないが、

この天体の場合、星が超新星爆発を起こしてできたブラックホールの周りを伴星が回っており、

そこから供給された物質の大部分はブラックホールへと落ち込むが、

残りは光速に近い速さでジェットとして吹き出していると考えられている。

000.gif

ブラックホールGX339-4からの赤外線の強い増光と減光を示すWISEの動画。

この動画は1日の期間をカバーしており、時間を短縮して表示したものとなっている

(赤外線は目に見える光の15倍程度波長が長い)(出所:JAXA Webサイト)
関連記事

 サイエンス

 ブラックホール

0 Comments

Leave a comment