FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

世界遺産


世界遺産:東京・小笠原を登録

パリで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第35回世界遺産委員会は24日、

小笠原諸島(東京都小笠原村)の世界自然遺産登録を決定した。

他地域にみられない固有種の多さなどが評価された。

oga2.jpg


日本の自然遺産は白神山地(青森、秋田県)、屋久島(鹿児島県)、知床(北海道)に続き4カ所目。

小笠原諸島は都心から約1000キロ南の太平洋上にあり、

南北約400キロに及ぶ大小30の島々で構成される。

登録地は、硫黄島などを除く陸海合わせて約7940ヘクタール。

oga1.jpg

大陸と地続きになったことのない「海洋島」で、動植物が独自の進化を遂げ、

「進化の実験場」「東洋のガラパゴス」と呼ばれる。

カタツムリなどの陸産貝類106種の100種(94%)、

植物441種の161種(36%)、

昆虫1380種の379種(27%)が他では見られない固有種だ。

特に、陸産貝類はガラパゴス諸島など他の海洋島と比べて面積あたりの固有種率が高く、

絶滅率は22%と低い。

oga3.jpg

国際的に貴重で絶滅が心配される野生生物は、

オガサワラオオコウモリやクロアシアホウドリなど57種に上る。
関連記事

 ニュース

 世界遺産 小笠原諸島

0 Comments

Leave a comment