FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

中国の仮想現実SFテーマパークが最貧困地域にオープン


180502_chinathemepark-w960.jpg

これはぜひとも行ってみたい。

かつてお伝えしていた、750トンのロボットがそびえ立つ仮想現実SFテーマパーク「East Science Valley-Science fiction theme park(東方科幻谷)」が、中国の貴州省貴陽市にてオープンしました。

ここには宇宙ツアーやローラーコースターにシューティング・ゲームなど、35種類のアトラクションが用意され、どれもがVRゴーグルをかぶって楽しむものとなっています。外観も宇宙基地っぽくてイカしてますよね。



建設費には約1,690億円が充てられましたが、実際は514億円ほどで完成したそうです。広さはおよそ1.3平方kmなので、ザックリと東京ディズニーランドの3倍の面積という感じになりますね。





関連記事

 海外情報

0 Comments

Leave a comment