FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

メッキグリルがキラリ。50年代アメリカンなBluetoothラジオスピーカー「Lofree POISON」

 
1_2018040711455330e.jpg

シボレーの蝶ネクタイロゴが入っていてもおかしくありません。

ノスタルジックデザインをモチーフとする手法で、飾っておきたくなるキーボードを作ったLofree。彼らの手にかかれば、Bluetoothスピーカーもレトロ可愛くなるのだと知りました。その名も「Lofree Poison」。

特にこのライトブルーなボディが! ほかにもレッド、ホワイト、オリーブグリーンのモデルがありますが、このパステルカラーはまさに50年代のアメ車のノリなんですよね。

2018y04m07d_113118084.jpg

しかもこのLofree POISON、FMラジオチューナーつきなんです! ツマミで周波数を合わせたり、横一直線のチューニングインジケーターも古めかしくて、いい! このビンテージなセンス。たまりません。

2018y04m07d_112928677.jpg

両手で持てるくらいの小型サイズですが、アンプのパワーは20W+20W。さらに背面にはパッシブラジエーターを装備しており、低域もどんっ!とボリューミー。最低音域のベースラインも余すことなく鳴らしてくれるそうですよ。



4_20180407114551a20.jpg

着脱自由な手提げバンドも付属しており、価格は16,980円。花見とかバーベキューとかに持って行きたくなりますね。




関連記事

 家電

0 Comments

Leave a comment