FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

「ヘッドライト」で道路状況をお知らせしてくれるメルセデス マイバッハ


2018y03m24d_162139594.jpg

前方の状況を路面にお知らせしてくれます。

自動車のヘッドライトは前方を照らすだけでなく、「自分がここにいるぞ」というアピールとしての効果もあります。ですが、これからのヘッドライトは違います。

ダイムラーは今後、メルセデス マイバッハのヘッドライトに100万ピクセルのプロジェクター「デジタル・ライト」を搭載させ、前方のコンディションをアイコンで路面に表示できるようにします。つまりドライバーは「工事中」や「雪道」の状況が、ヘッドライトのアイコンからわかるというわけですね。

1_20180324162433ce8.jpg

最近では、ハンドルとフロントガラスの間に置く透明なディスプレイが、視界の邪魔にならずに状況を表示してくれるなど、ナビゲーションの技術も向上しています。でもこのプロジェクターは一歩先……ではなく数メートル先を行く、新たなお知らせ機能の役目を追加してくれるのです。

2_20180324162433f7a.jpg

表示の判断は、車載センサーとGPSからの情報に頼ることになります。「雪アイコン」や「工事中アイコン」が表示されれば、減速する必要があることがわかりますし、「白線アイコン」が表示されれば、そこに駐車できるかどうかも判断ができます。

実はこのコンセプト自体は10年前からあったのだそうです。そして、ただいま開催中のジュネーブモーターショー 2018でやっとお目見え。しかもさっそく、今年のメルセデス マイバッハ Sクラスに搭載されるんだそうです。

2018y03m24d_162750998.jpg

2018y03m24d_162752841.jpg

加えて、前方の歩行者や自動車のフロントガラスを検知し、眩しくならないようヘッドライトの光量を落としてくれる機能も備わっています。これだと自分と対向車のヘッドライトで、間にいる歩行者が消える蒸発現象も解消できそうですね。

プロジェクターも搭載したマイバッハのスマートなヘッドライト、便利だけでなくドライブもより安全になりそう。一般的な自動車にも標準装備して欲しいくらいです。



関連記事

 車・バイク

0 Comments

Leave a comment