KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

電源不要のパーソナル加湿器は持ち運びOK、デスクでも外出先でも潤う


1_201803111418526de.jpg

今が一年で最も空気が乾燥する季節です。体調管理のひとつに加湿は必須。でも、いつも加湿器がそばにあるとは限りません。ポータブル加湿器というものもありますが、電源が必要なタイプも多く見られ、状況によっては使えないことも。

2_20180311141851148.jpg

『ガーベラポット』は自然気化式の加湿器。空気の流れと室内温度の作用により、フィルターから湿った空気を送り出す仕組みです。フィルターは広げた状態で直径18センチほど。

自然気化による加湿は、あくまでもパーソナルスペースに限り、部屋全体の湿度を上げるほどのパワーはありません。ただ、この季節にありがちな「どこに行っても喉がカラカラ」、「鼻の奥が乾いてムズムズ」という状態は緩和されたと感じました。

3_201803111418506d2.jpg

フィルターを最初にセットする際にはコツがいります。

まず、フィルターを閉じている輪っか状の固定ベルトをはずし、フィルター全体を反転させます。次に、上部の花びら部分から再び固定ベルトを通し、花の形に整えます。最後に、水を入れた専用カップにフィルターを差し込めばセット完了。

フィルターに一度水を通してからセットすると、効率よく気化するようです。

4_20180311141849285.jpg

商品名には『ペーパー加湿器』とありますが、フィルターはポリエステル製で、抗菌防カビ加工が施されています。フィルター1枚につき、3~6カ月ほど使用可能。パッケージには交換用フィルターも1つ入っているので、一度買えば長く使えそうです。

カップも抗菌加工されており、ポリプロピレン製で軽く、持ち上げても滑りにくいのが特徴。フタはエストラマー素材でグリップ性があり、コースターとして使う際に加湿器全体を安定させられます。

5_20180311141849eba.jpg

持ち運びの際には、フィルターをカップにそのまま押し込み、フタが「パチン」というまでしっかりと閉めます。水が入ったままでも持ち運び可能です。

フタを閉じた状態の『ガーベラポット』は、ボトル型の缶コーヒー程度のサイズなので、カバンに入れてもさほど負担には感じないでしょう。

デスク周りのほか、旅行や出張のときにホテルのベッドの枕元、飛行機や新幹線といった乗り物の座席テーブルでも使えるのは便利。個人的なスペースにちょい置きできる加湿器です。




関連記事

 インテリア・家具

0 Comments

Leave a comment