FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

香港発、コンクリートの土管を流用したマイクロ住居。スタッキングで集合住宅化も可能


1_201801211624274ef.jpg

かつて漫画「ドラえもん」やゲーム「スーパーマリオブラザース」などで目にすることが多かったコンクリ製の土管も、現代日本の風景のなかで見かけることは少なくなった。一方、香港では直径2.5メートルの土管を利用した低コストのマイクロ住宅ユニット『OPod Tube Housing』がコンセプトとして提案されている。

2_20180121162426f3b.jpg

公式に説明されている室内面積は100平方フィートとのことなので、メートル換算すると約9.3平米というかなりのコンパクトサイズ。それでいて、居室とバスルームおよび調理スペースを備えるという。それにしても玄関ドアが開口部の大きなガラス製なので、室内の様子が丸見えになりそうなのが気になるところかな。このあたりは実用モデルに向けてこれから仕様変更されていくことだろう。

3_2018012116242580b.jpg

1つのユニットあたり1~2名の居住が想定されているとのことだが、複数のユニットを積み重ねることで集合住宅を形成することもできる。また、引っ越しの際にユニットをそのまま輸送できる点も特徴だ。こうしたマイクロ住宅によって都市部の限られた土地を有効活用しようというコンセプトは、香港の今の状況を反映したものなのかもしれない。

4_20180121162424f3d.jpg

こちらは既存の建物の隙間に複数の『OPod』を設置したイメージ。この状態だと2階以上の住民がどうやって自室まで登るのか不明だが、そこはあくまでコンセプトアートということで。ちなみに玄関ドアにはスマートフォンを利用したオンライン・スマートロックの採用が想定されているとのこと。

5_20180121162424ab2.jpg

インテリアは土管の曲面に合わせて作られた専用の省スペース家具。こうして見ると平面の床がほとんどないことに驚かされる。チューブ状のミニマル住居という非常にSF風な設計には心がときめくものの、実際に住むとなったら結構な覚悟が必要な気がしてくる。

6_201801211624231fe.jpg

ところでこのコンセプトを提案している「James Law Cybertecture」は、以前にも全長13メートルの長方形コンテナ型ミニ住宅『ALPOD』も手掛けていたが、ネーミングやデザインの随所にアップル製品からの影響が見え隠れするのが気になるところ。




関連記事

 海外情報

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。