KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

新素材グラフェンを使って放熱を助けるiPhone専用ケース「NanoCase」


1_2018010413365444a.jpg

クラウドファンディングサイト「machi-ya」にて資金調達中の、ハイテク新素材“グラフェン”を使ったiPhone専用ケース「NanoCase(ナノケース)」

スマホの熱問題の解消が期待できるこのプロダクト。

ハイテク素材“グラフェン”の高い熱伝導性を利用

2_20180104133653795.jpg

NanoCaseは、炭素原子が蜂の巣状に互いに強固に共有結合した単原子シート「グラフェン」を使用しています。この薄くて強い新素材は、ダイヤモンド以上に炭素同士の結合が強い物質で、熱伝導も世界で最も良いとされ、電気の伝導度もトップクラスだということです。

このグラフェンの高い熱伝導性を利用して、スマートフォンのCPU部分などから発生する熱をシート全体に速やかに拡散することで、スマホの温度上昇を抑えることができます。これにより、CPUの熱暴走を防ぐほか、バッテリーの持ちがよくなることが期待できます。

3_201801041336519a0.jpg

こちらは、熱伝導性に優れた新素材グラフェンを使用したスマートフォンケース「NanoCase」。iphone7、8、Xに対応しています。

4_2018010413365066e.jpg

愛用のケースがすでにある人には、スマホの裏に貼り付けられるシールタイプの「NanoSticker」があります。

NanoCase、NanoStickerに使われているグラフェンシート「NanoGtech™」の製造を手がけるのは、Sheild Patrol(シールドパトロール)社。同社は、2009年にスウェーデンで設立、業界トップレベルの液晶保護ガラス、レザーケース、モバイルバッテリーを含む、スマートフォンアクセサリのデザインから製造までを手がけています。






関連記事

 スマホ

0 Comments

Leave a comment