FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

ランボルギーニ、V8 4.0リッターターボ初採用のスーパーSUV「ウルス」世界初公開。2574万円


1_20171223133514a5f.jpg

伊ランボルギーニは12月4日(現地時間)、同社がスーパーSUVと位置付ける新型モデル「ウルス」を世界初公開した。新型ウルスの発売は2018年春で、日本での価格は2574万円(税別)。

 ウルスは全体の3分の2がボディ、3分の1が窓という同社スーパースポーツカーの比率を採用した5名乗車が可能な新型SUV。エクステリアでは「カウンタック」で初めて採用された、ランボルギーニの特徴である斜めのフードラインがボンネットに描かれるほか、イタリアの国旗が細部に用いられたY字形のフロントエアインテーク、Y字形LEDヘッドライト、「LM002」やカウンタックから受け継いだ六角形のホイールアーチ、Y字形のテールランプ、ランボルギーニ・レースカーにインスパイアされたリアディフューザーなどを採用。

2_201712231335139c1.jpg

ボディサイズは5112×2016×1638mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは3003mm。エアサスペンションを採用して地上高は158mm~248mmの範囲で調節可能。乾燥重量で2200kgというヘビーウェイトボディのストッピングパワーを高めるべく、ブレーキシステムにはカーボン・セラミック・ブレーキ(CCB)を標準装備し、市販されているブレーキの中で最大とするカーボンセラミックディスクのサイズはフロントφ440×40mm、リアφ370×30mm。キャリパーは、フロントがアルミニウム製の10ピストン、リアが鋳鉄製の6ピストンを採用している。

3_201712231335136ab.jpg

パワートレーンに関してはブランド初のターボエンジンを採用しており、最高出力478kW(650HP)/6000rpm、最大トルク850Nm/2250-4500rpmを発生するV型8気筒4.0リッターツインスクロールターボに8速ATを組み合わせ、駆動方式は4WD。

 センターコンソールには「Tamburo ドライブモード・セレクター」が配置され、路面状態やドライバーの好みに応じて「STRADA」「SPORT」「CORSA」に加えて「NEVE(雪上)」モードから選択可能。オプションで「TERRA(オフロード)」と「SABBIA(砂漠)」という2つのオフロードモードも用意。STRADAモードでは速度に応じて車高が変わり快適性を高める一方、SPORTモードでは車高が低くなり、安定性と正確さを確保。CORSAモードではパフォーマンス志向になり、NEVE、TERRA、SABBIAというオフロードモードでは地上高を高くすることで障害物を安全に乗り越えることができるという。

 パフォーマンスでは最高速は305km/h、0-100km/h加速は3.6秒。0-200km/h加速は12.8秒。ブレーキング性能は100-0km/hが33.7m。複合サイクルでの燃費は12.7L/100km。

4_20171223133512302.jpg

5_20171223133512eb6.jpg

最高級レザー、アルカンターラ、アルミニウム、カーボンファイバー、ウッドなどの高品質素材を用いたインテリア。オプションとしてフロントスポーツシートが選択できるほか、リアシートは2名乗車仕様も選択可能

6_201712231335117b4.jpg

Automobili Lamborghini CEOのStefano Domenicali氏は「ウルスは、ランボルギーニのDNAを最も汎用性の高い車両であるSUVに注入するという視覚的なアプローチ。ウルスはSUVをこれまで以上にレベルアップさせたスーパーSUVです。これは我々が設計した真のランボルギーニで、パフォーマンス、ドライビングのダイナミクスとエモーションを持ちながら、日々のさまざまな環境下でのドライブが可能です」と、コメントしている。


関連記事

 車・バイク

0 Comments

Leave a comment