FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

インテリアにしっくり馴染むスピーカー「SYRINX LOG」


1_20171015134015b2e.jpg

北海道に生息するエゾシカは、とても繁殖力が強く、森の植生を破壊し尽くすまで増加しているという。そのため、近年、毎年10万頭以上捕獲されている。しかし、捕獲後、エゾシカの革はほとんど廃棄されているのだそうだ。

人間は自分たちの都合で、彼らの天敵をオオカミを奪ってしまった。だからこそ、エゾシカの命を無駄にせず、尊重し、最後まで大切に使う責任があるのではないのだろうか。サスティナブルな森林環境を守るために。

2_201710151340148a2.jpg

そんな思いから作られたのが、北海道に生息するエゾシカの革を使用し、建築の防音技術を応用したスピーカー「LOG – more trees LEATHER Speaker -( ログ モア ツリーズ レザー スピーカー)」。

3_2017101513401318e.jpg

このスピーカーのテーマは「空間との調和」。通常のスピーカーは、ボディに木や金属など固い素材を使用するが、柔らかなエゾシカ革を用いることで、共振・反響・共鳴を極限までなくすことに成功。スピーカーから空間全体に音が広がり、その場で楽器を演奏しているかのような自然な音の再現を可能にしているという。

4_20171015134013052.jpg

レーザーで正確に加工された革を、SYRINXの熟練の職人が、クチュール・セリエ(サドルステッチ)と呼ばれるヨーロッパで馬具を縫う伝統的な技法で、ヨットの帆を縫う非常に丈夫な糸を使用して、すべて手縫いで仕立てられている。

5_201710151340126bf.jpg

6_20171015134011815.jpg

エゾシカの革は丈夫でやわらか。マットな質感はインテリアとしても存在感がありそうだ。

森を守り、今まで捨てられてしまっていたエゾシカの革に新たな命を与えるプロジェクト。

その済んだ音を試してみてはいかがだろうか。



関連記事

 音楽

0 Comments

Leave a comment