KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

夏の太陽からクルマを守る究極のサンシェード

 
1_201707171122364f4.jpg

夏の炎天下に停めたクルマは、車内が高温になってしまいます。ダッシュボード上に置いた鉄板で目玉焼きを作るのは無理としても、温泉卵くらいなら作れてしまいそうです。

フロントガラスにサンシェードを設置し、ウィンドウを少し開けておくことで、社内の温度を多少は下げられるのですが、残念ながらこうした対策も、日影に停めたときほどの効果は得られません。



Lanmodoの『Automatic Car Tent』は、その日影を作ってくれる、クルマ用の日傘です。これは、究極のサンシェードと呼ぶのに相応しいアイテムと言えるでしょう。

強力な吸盤でルーフ上に設置するのには、一手間がかかります。しかし、傘の開閉は電動となっていますので、うまくいかずにイライラすることはないでしょう。



心配な盗難対策のことも、きちんと考えられていますし、傘が風で折れてしまわないように、リア側ドアノブ、ドアミラーにリーシュをつないでおけます。

また、このサンシェードは、オプションの足をつなぐことで巨大なビーチパラソルとしても使えますし、サイドクロスをつなげば7人用のテントとしても活用可能となっています。さらに、USB機器をつなぐ充電池としての機能もありますので、ちょっとしたキャンプなどでも活躍してくれるはず。

公式サイトでは現在値引き中で、送料込みで269米ドル(約31,000円)という価格。屋外駐車の機会が多い人なら要チェックでしょう。

※『Automatic Car Tent』を使った場合でも、車内温度は外気に比べれば高くなります。子供などを置き去りしないように、くれぐれもご注意を。





関連記事

 車・バイク

0 Comments

Leave a comment