KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

日輪の力でクッキング。20分で290度まで熱せる太陽光調理器具


1_20170507094022564.jpg

電気を必要としない、太陽光調理器具。アウトドアシーンだけでなく非常時のツールとしても見直されつつありますが、パラボラアンテナのように組み立てるものはどうにもかさばってしまい、スマートとは参りません。

そんなソーラー・クッキング界隈にプロミネンスのごとくあらわれたのが「GoSun(ゴーサン)」。この麺棒にも似た棒状コンロは、約20分で290度の高温にまで達するんです。



うしてこのポータブル性でこんな火力が出せるのか? それは強化ガラス性真空管チューブによる強力な断熱効果と、パラボラの役目を果たしているカバーがカギとなっています。この絶対熱逃がさないマンこと真空管チューブは、効率的に熱を集められるだけでなく、外から触っても熱くないという利点もあり、子ども連れの方にとっては嬉しい設計です。でも中はめっちゃ熱いのでご注意を。

2_20170507094022344.png

また、太陽光調理器具というとピーカンの快晴時しか機能しないと思われがちですが、「GoSun Sport」はくもりの日でも使える優れもの。燃料も何も用意していなくても、セッティングして放置しておけば内部は290度まで熱されます。

調理スタイルは、蒸し焼き、天火焼き、炒め、蒸し、ローストなどなど。縦置きにすれば、スープやドリンクなどの調理、温めも可能です。調理スペースはそれほど広くないため、一度にたくさん作るのには不向きですが、少数キャンプにはもってこいのサイズかなと。ちなみに、据置バージョンの「Gosun Grill」なんてのもあります。

サイズといいおしゃぴーなデザインと良い、お花見やピクニックに持っていっても盛り上がりそうですね。




関連記事

 観光・レジャー・アウトドア

0 Comments

Leave a comment