KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

フォルクスワーゲンの自動運転コンセプトカー


1_20170320092608635.jpg

だんだん不思議の国の生き物みたいに見えてきます……。

クルマのコンセプトデザインにはかっこいいものから奇妙なものまでさまざまありますが、フォルクスワーゲンがジュネーブ・オートショーにて披露した自動運転コンセプトカー『Sedric』は、なんともコケティッシュなデザインが特徴的。まるで、絵本の中から飛び出してきたようなデザインです。

2_20170320092608f54.jpg

意外なことに、ゼロから設計を行った完全自動運転車(レベル5)としてはフォルクスワーゲン初となる『Sedric』。車内にはハンドルやペダルといった運転のための設備が一切ありません。人々はボタン一つで離れた場所から『Sedric』を呼び出して、あとは自動運転におまかせで目的地に到着するのを待つだけ。

まるでリビングのようなインテリア
3_20170320092607d15.jpg

完全自動運転のコンセプトらしく、『Sedric』のインテリアには対面式の広々としたシートセッティングが取り入れられています。これはこれでアリだと思うのですが、親しくない人同士だと落ち着かないと感じるかも……?

車内で植物栽培?
4_20170320092606c7a.jpg

あまり詳しく語られてはいないのですが、後部座席には花壇のようなスペースが。ここで植物を育てることで、車内の空気をキレイにしようという狙いがあるのかもしれません。

完全自動運転時代が待ち遠しい……
5_201703200926064ac.jpg

『Sedric』で提案された技術の一部は、将来のフォルクスワーゲンのクルマにも採用される予定なのだそう。クルマのカタログに「花壇オプション」なんて文字を見かけるようになるのかな? それはともかく、ボタン一つで送迎から運転まで自動でやってくれる未来の自動車。早く乗ってみたいものです。




関連記事

 車・バイク

0 Comments

Leave a comment