KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

iPhone用CDレコーダー『CDレコ』


1_20170204084731a81.jpg

ケーブルでつながってる方がわかりやすいことって多いです。

Lightningケーブル接続でiPhoneに音楽CDを取り込めるという、世界初仕様のCDドライブが発売されます。iPhone用CDレコーダー『CDレコ ケーブルモデル』(型番:CDRI-L24I)は、アイ・オー・データ『CDレコ』シリーズの新製品。これまで同シリーズではWi-Fiで転送するタイプのiPhone対応CDドライブを発売していましたが、新製品はLightningケーブル一本で直接取り込めるわかりやすさ、手軽さがポイントになっています。想定実勢価格は1万1800円(税別)で、発売日は2月下旬を予定。

これに合わせて従来仕様の『CDレコ』もリニューアル。スマートフォン用CDレコーダー『CDレコ Wi-Fiモデル』(型番:CDRI-W24AIW)として新発売されます。こちらはLightning接続には非対応ですがiOS・Android対応、かつワイヤレス接続に対応したもの。想定実勢価格は1万800円(税別)で、発売日は2月中旬予定です。

2_20170204084730d00.jpg
写真左がケーブルモデル(Lightning接続対応)、右がWi-Fiモデル(Lightning接続非対応)。

新モデルの本体カラーはいずれもホワイトで、『CDレコ』シリーズのアイコンとなる音符マークが付いたのが目印。

3_20170204084729f47.jpg

『CDレコ ケーブルモデル』の本体サイズは約145×174×16mm、重さは約300g。ACアダプターとiOS端末用ケーブル(Lightning-microUSB)が付属しています。接続対応機種は『iPhone 5』以降のiPhone、『iPad』(第4世代〜)、『iPad Air』、『iPad Pro』、『iPad mini』、また『iPod touch』(第5世代〜)など。Lightning端子がついたモデルならたいがいは大丈夫そうです。

4_20170204084729cd1.jpg
『CDレコ ケーブルモデル』の背面。

5_201702040847281e8.jpg

LightningケーブルでiPhoneなどと接続(写真右側に出ているケーブルは電源に接続)。『CDレコ』の専用アプリをインストール

『CDレコ』のアプリは非常に多機能で、ただ音楽CDを取り込むだけでなく、取り込んだ曲の情報を編集したり、音楽プレイヤーとして使ったりすることも可能。このプレイヤーでは「iTunes」(PC・Mac)から転送した楽曲もひとまとめにしてくれます。

なお『CDレコ ケーブルモデル』を使ってiPhoneなどに取り込んだ曲はPC・Macなどに転送することはできませんが、こちらのアプリからCDに書き出す(焼く)ことができます。

iOS版アプリでは取り込んだ曲が他のPCなどに移せないのが気になりますが、『CDレコ』はPCを持っていない、使えないという人を強く意識して作られている製品。そもそもiPhoneですべてを完結させたい(PCがいらない)というユーザーには、Lightning接続になったことも相まってこの形がベストなのかもしれません。




関連記事

 スマホ

0 Comments

Leave a comment