KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

11月14日の「満月」は68年ぶりの大きさ!ウルトラスーパームーンに

 
Fotolia_123920474_Subscription_Monthly_M.jpg

今月、68年ぶりの大きな満月「ウルトラスーパームーン」が現れる。

68年ぶりの大きな満月に

11月14日は満月。

なんと14日の満月は月と地球の距離が1948年1月26日以来68年ぶりの近さとなり、普段の満月よりも大きい特別な満月に。

月が地球に近づくタイミングの満月を「スーパームーン」と呼ぶが、14日の満月はさらに大きく見えることから「ウルトラスーパームーン」とも称されている。

最小の満月より14%大きい

14日は日の入り前後に東の空から満月が上り、夜8時21分には地球から約35万6000キロメートルの距離を通過。午後10時52分に満月となる。

満月の瞬間の月の視直径は約33分30秒角。平均的な満月より8%、今年最少の満月(4月22日)よりも14%程大きく見える。

kokuritu.jpg

明るさも、最小の満月より30%程明るくなるという。

最大時と最小時で5万kmの差

月が大きく見えたり小さく見えたりするのは、月が地球の周りを楕円形に公転しているため。また、太陽や地球の重力を受けてもわずかに変化。

kyori.jpg

地球と月の距離は最も近いときは約35万6000km、最も遠いときは40万6000kmと、およそ5万kmの差がある。

各地で鑑賞イベントが開催

68年ぶりのスーパームーンを控えて、様々なイベントが計画されている。

各地の天文台で観測会が計画されている他、六本木・森タワーの屋上では「普段よりちょっと大きな満月をめでる会」が開催。

JALは日本初の月面探査チーム「HAKUTO」と共に、高度3万フィートの上空からスーパームーンを鑑賞するチャーターフライトに親子60組を招待する。




関連記事

 サイエンス

 ウルトラスーパームーン

0 Comments

Leave a comment