KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

マイクロソフトが「学習する冷蔵庫」をドイツメーカーと共同開発


top_20160911094203929.jpg

マイクロソフトは、ドイツの高級家電メーカー・リープヘルと共同で進める次世代スマート冷蔵庫の開発をブログに発表した。

インテリジェントな食品管理
07129b024e8df3889ffa54831f3e6d74-768x585.png

リープヘルの高級冷蔵庫には、アプリと連動して冷蔵庫の温度管理ができ、アラート機能もついている小型通信モジュールSmartDeviceBoxが内蔵されている。

マイクロソフトは、このモジュールをさらに進化させ、内蔵カメラで冷蔵庫内の食品を明確に認識させるコンピュータ・ビジョン技術を提供。

ユーザーは冷蔵庫のドアを開けなくても、どの食品が残っていて、何を買い足すべきか、オフィスや外出先からアプリで確認し、買い物や献立の計画を立てることができる。

学習する冷蔵庫

冷蔵庫内に混在する雑多な食品を、いかにして正確に識別できるのか?

マイクロソフトが駆使するのは、新しい画像に、多種多様なカテゴリー・ラベルやオブジェクト・タグの注釈を付けることができる、画像処理のためのディープ・ラーニング技術。

マイクロソフトのデータ科学者は、リープヘルと共同で、冷蔵庫の中の食品を検出する、新たな画像処理システムを作り出した。

すでに学習した数百万もの画像データをもとに、牛乳パック、ケチャップボトル、ピクルスの瓶など、新たなタイプの物体の認識を学習できるシステムだ。

検出された食品のタグと、検出の信頼度の数値が表示されたこの画像からは、技術の成熟度が伺える。

現在はプロトタイプの段階だが、食品を冷蔵するにとどまらない「学習する冷蔵庫」が市場に出る日は、それほど遠くはなさそうだ。



関連記事

 家電

0 Comments

Leave a comment