KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

傾き半球

 
160412_EC_chokin.jpg

子供のころ夢中になってお小遣いを貯めていた貯金箱。

10円玉や100円玉、たまには思い切って500円玉を入れ、だんだん重くなっていく貯金箱を見守りながら開封する日を待つのは、預金口座にお金が貯まっていくのとは違うワクワク感がありますよね。

でも大人になった今、その気持ちを忘れてしまっている人も多いのでは。

そこで今回ご紹介するのは、大人たちにも小銭貯金の楽しさを思い出させてくれる貯金箱「傾き半球」です。

160412_tyokin.jpg

まず特徴的なのが、なんといってもこのフォルムです。

底面が曲線でコロンとしたデザインで、コインを入れる度にユラユラ揺れる姿は癒しそのもの。貯まり方次第で傾き加減も変わり、直接中は見えなくても、貯まっているお金を想像できそうです。


やわらかい白色は、磁器ならではの色合い。素材の魅力を感じられるよう、創業350年の陶悦窯である今村家によって仕上げられています。サイズは小と大の2種類。

160412_chokin2.jpg

磁器で作られているのでお金を取り出す際は割ることになりますが……なんと、割った後も使えるのが嬉しいポイント!

写真のように花瓶にしたり、小物入れとして使ったり。電子レンジもOKなので、食器にするのも良いかも? 再利用する際は、切り口や割れ、欠け、ヒビ等に十分お気をつけくださいね。




関連記事

 グッズ

0 Comments

Leave a comment