KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

透明文鎮

82861b002acce6c65375.jpeg

本を読むシチュエーションは様々だが、手でページを押さえておけない場面もある。

たとえばPCを使いながらや、料理をしながら読むときなどは、ページを開いておいてくれる文鎮、ブックウエイトが必要だろう。

しかし本の厚みによってはうまく置けなかったり、外れてしまったりしてイライラ…

そんなストレスを解消してくれそうなアイテムを紹介しよう。

本を開いた形状
日本のクリエイティブユニット「TENT」がデザインした「Book on Book」だ。

これは、本の形をした透明な文鎮。

0dd9a52f2e7e5133ec6f.jpeg

本を開いておくものとしては、クリップ型や書見台型などがあるが、このBook on Bookは、開いた本の形をしているので、置いたときページにフィットする。

職人が手作業で研磨
この形状は、肉厚のアクリル板を1つ1つ職人の手作業によって加工し 研磨することで実現しているという。

その形状と、5mmのアクリル板の重みが、ページをしっかり押さえてくれるのだ。

32a4d85324d8a6ac9499.jpeg

af78593a963f1f4f8c95.jpeg

また透明度が高いため、文字や絵などがクリアに見えて読みやすい。

こだわりぬいた美しい形はオブジェとして飾ってもいいかもしれない。

「プロダクトとして完成された一冊の本を、より 引き立てるための道具が欲しい」という思いが込められたアイテム。



関連記事

 グッズ

0 Comments

Leave a comment