KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

Tableau

 
2016y03m06d_090511633.jpg

部屋に植物があると、リラックスもできるし、活力もわく。運気があがりそうな気までしてくる。

でも現代人にとって、バタバタした毎認知の中で、グリーンをグリーンのままに保つのはそう簡単なことではないのです。

そこで、植物にも人間にも優しい、電力ゼロの、全自動水やり機、「Tableau」の登場!

2016y03m06d_090527761.jpg

使い方は、水をグラスいっぱいに入れて、Baseの所定の位置にセットします。好きな植物を入った専用植物を、Baseの空いている位置におくだけ。この上ないくらいに簡単な「Tableau」の仕組みは以下の通り。

2016y03m06d_090558401.jpg

グラスに入った水はそのまま下に浸透していき、下のCapillary Fabric (直訳すると”毛細繊維”)でできたBase部分を、水で満たします。

そしてBase部分が水で満たされると、ガラスからの水はストップ。そして、まるで森の土から水を吸い上げるように、Pot部分の底に空いた小さな穴から、植物が水を吸い上げます。

ちなみに「Tableau」の本当にすごいところは、植物が呼吸できるシステムであるということ。

Pot内のBase部分の水が空っぽになっても、グラスの水はしばらく止まったまま。自然の土壌と同じように、乾燥のタイミングがあるのです。

実は、植物にとって土がちゃんと乾く事は、水と同じくらい大切な要素。自然の土は雨が降らないと乾燥してゆきますが、その過程も植物の成長には重要なんですね。

160227tabeleau3.jpg

そして、数日たつと、Bace部分はまたお水で満たされる、とその繰り返し。

植物の種類にも寄りますが、グラスをいっぱいにして3つのポットを置くと、だいたい1ヶ月ほど、もつそうです。

1回の水やりで1ヶ月も持ってくれれば、少し長めの旅行や、忙しい時期も乗り切ってくれそう。








関連記事

 ガーデニング

0 Comments

Leave a comment