KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

ふたご座流星群


976326.jpg

国立天文台は、2015年のふたご座流星群の活動が絶好の条件で観測できる見通しと発表した。

毎年12月中旬は、ふたご座流星群が活動する時期に当たる。12月11日が新月のため月明かりの影響がほぼない。また、流星群の活動が最も活発になるのが12月15日午前3時頃と予想されており、日本での観察に適している。

この2つのよい条件がそろうため、今年のふたご座流星群は前後10年ほどの間でも最もよい条件で観察することができる、としている。

976327.jpg

国立天文台では、できるだけ多くの人に、ふたご座流星群を観察してもらうため、12月12日の夜から16日朝までの期間、「ふたご座流星群を眺めよう2015」キャンペーンを実施する。この間に夜空を観察し、流星がいくつ見えたかを、インターネットを通して国立天文台に報告してもらう。


関連記事

 サイエンス

0 Comments

Leave a comment