FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

Fontus

 
usr-135-img-1397486054-b2d15-535x356.jpg

エコな乗り物として、近年ますますポピュラーになっている自転車。

その自転車で、“深刻化する水不足問題を解決しよう”という驚きのアイデアが発表された。

・1時間の走行で0.5リットルの水が溜まる!?

usr-135-img-1397487198-74d32-684x325.jpg

オーストリア出身のKRISTOF RETEZÁRさんが考案した「Fontus」は、自転車に取り付けるだけで、空気中の水蒸気を水に変えることができる小型ガジェット。

次世代のデザインエンジニアを支援する「ジェームズ・ダイソン・アワード」にエントリーされ、いま注目を集めている。

取り出せる水分量は環境にもよって変化するが、ある程度湿度のある場所の場合、1時間の走行で0.5リットルほど。

usr-135-img-1397487253-46ccb-684x325.jpg

ペットボトルに溜まった水は、飲料用にもなり、水を購入できない自然の中や僻地はもちろん、長距離サイクルなどでも役立ちそう。

その仕組みは温度差を利用したもので、内蔵のクーラーが湿った空気を急激に冷却することにより、水を取り出すことができるという。

クーラーに使うエネルギーは太陽光を利用しており、まさにクリーン&エコなガジェットといえそうだ。

・地球規模の水不足解消にも期待

usr-135-img-1397487003-170b7-684x325.jpg

今後は水の生成効率アップなどが待たれるところだが、アジアや中央アメリカなど湿度が高いエリアに適しており、発展途上国などの水不足解消にも一躍買ってくれるのでは?と期待されている。

ちょっとしたサイクリングにも役立ちそうなので、製品化のあかつきにはぜひ日本でも販売してほしいものだ。


関連記事

 車・バイク

 Fontus

0 Comments

Leave a comment