FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

RICOH THETA


IMG_4644.jpg

リコーは、全天球カメラ RICOH THETAの新モデルを発表しました。第1弾の発表から約1年、新モデルはユーザーから要望の多かったという動画撮影に対応し、APIやSDKも公開する計画です。11月14日発売、価格は3万5000円。

新モデルの型番はRICOH THETA m15。動画は最大3分間撮影できますが、撮影後にパソコンで処理しなければ動画にならないというもの。

09.jpg

RICOH THETAは2つの魚眼レンズを合わせて360度の全天球画像が撮影できるデジタルカメラです。WiFiスマートフォンなどと連携して利用します。

03_201410292356063bf.jpg

新モデルのm15は、動画対応制御プログラムを搭載。最大3分間の全天球動画が撮影可能です。撮影後にPCに取り込んで、動画変換ツールで変換処理をかける必要があります。動画は静止画の全天球画像と同様に、画像のサイズや形、構図を変更可能。専用のWebサイト theta360.com に動画を公開して楽しめます。データ容量は5MB。

25.jpg

最短撮影距離は10cm、大きさは42 x 129 x 22.8mm、約95g。 内蔵メモリは4GB。動画は最長3分で、合計40分の撮影が可能。3分撮影した場合のファイルサイズは200MB程度。

関連記事

 家電

 WiFi スマートフォン RICOH THETA

0 Comments

Leave a comment