FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

Air umbrella


2014y10m19d_081813418.jpg

海外のスタートアップが発表した、空気で雨を吹き飛ばす傘「Air umbrella」が、現在製品化に向けてクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で出資を募っている。

傘の帆を排除し空気の力で雨をガードするという驚きの発想で、通常の傘ではわずらわしかった帆を開閉する動作や、閉じるときの水切りも不要にしてしまった。

2014y10m19d_081822674.jpg

さらに、帆で視界を防ぐこともないので、傘を差していることを忘れてしまうほど快適。

外を歩いていても、まるで雨の風景を部屋の窓越しに眺めているような、そんな気分になりそうだ。

サイズは、最も小さい長さ30cmのAir Umbrella-a、標準的な50cmのAir Umbrella-b、伸縮可能で使用時は80cm、収納時は50cmに変えられるAir Umbrella-cの3つが用意されている。

2014y10m19d_081828794.jpg

Air Umbrellaをゲットできる出資枠は、Air Umbrella-a が118ドル(約約1万2000円)、Air Umbrella-bが128ドル(約1万3000円)。Air Umbrella-c が138ドル(約1万4000円)で、2015年12月には発送される予定。

現在コンセプト段階で、もし完成しなかった場合、出資金は返金されるらしい。

出資可能期間は10月25日までなので、気になる人は思い切って出資してみるのもいいかもしれない。

それにしても、製品化が実現してこの傘がスタンダードになれば、雨の日の街の景色が大きく変わりそうだ。


関連記事

 グッズ

0 Comments

Leave a comment