FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

SmartEyeglass


ソニーはAndroidスマートフォンと連携して情報を視界に重ねて表示する透過式メガネ型端末「SmartEyeglass」を開発した。9月19日からソフトウェア開発キット(SDK)の先行リリース版を提供している。

ah_sony1.jpg

SmartEyeglassはCMOSイメージセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクなどのセンシング機能と、連携したスマホのGPS位置情報などを活用して、ユーザーの状況に応じて情報を表示する。Android 4.1以降に対応する。

 3ミリの薄型レンズは、独自のホログラム光学技術により、視野を遮るハーフミラーを使わず、85%の高い透過性を実現したという。単色表示のためカラーよりも消費電力が少なくて輝度が高い。

aH_sony2.jpg

SmartEyeglassとスマホを無線接続してデータをやりとりすることで、歩行中にナビゲーション表示を見たり、料理中に手元から目を離すことなくレシピを確認したり、スポーツ観戦の際に選手を見ながら関連情報を閲覧するといったことが可能となる。

 ソニーは2014年度内にSmartEyeglassを開発者向けに発売し、アプリの充実促進など、一般ユーザー向けの商品化を目指した開発を進める。

関連記事

 スマホ

0 Comments

Leave a comment