FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

LED農場


農業は目覚ましい進歩を遂げてきましたが、室内型の植物生産となると、大半が実験レベルに留まっているのが現状です。

しかしながら日本企業が、LED照明による完全人工光型の栽培を確立し、年間を通して計画的かつ安定的に野菜を生産することに成功したそうです。

2.5倍の速さで成長し、必要な水を99%カットでき、さらに農薬も不要という夢の技術が、海外サイトで話題となっていました。

40ad8_213_8cfec759049015f4ea72e43562ee58cb.jpg
「植物栽培用LEDの開発により、蛍光灯を使った場合に比べ、消費電力を40%削減しつつ収穫量は50%増加することに成功」

「この植物工場があるのは宮城県多賀城市、東日本大震災のあと新産業創出を目指す企業が入居する施設として開設された「みやぎ復興パーク」内に建設したもの」

cfc0f_213_9c0d10f9615618ce1eb345042ca8276a.jpg
LED照明を当てて栽培されたレタスがすでに出荷されており、世界初の事業化を目指しているとのことです。(5年ほどで初期費用回収の見通し)

まだまだ課題はあるかと思いますが、これからの改良や進歩が楽しみではあります。


関連記事

 ニュース

0 Comments

Leave a comment