FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

「甘いものは別腹」はホントだった!


「甘いものは別腹」――よく聞く言葉ですがこれって本当なんでしょうか? 今回は別腹の仕組みについて少し考えようかと思います。

ah_aji1.jpg

甘いと感じると、脳では至福感、陶酔感をもたらすβ-エンドルフィンなどの麻薬様物質が分泌されます。
β-エンドルフィンは脳内麻薬とも呼ばれ、多幸感をもたらしてくれます。
そして、ドーパミンという物質も分泌され、食べようという意欲が出てくるのです。

実は、実際に甘いと感じなくとも、その甘さ、おいしさを想像するだけでこれらの物質は出ます。
今までの食経験で「こういう味だろうな。おいしいだろうな」と想像できるからです。

ah_aji2.jpg

そうすると、オレキシンという摂食を促進する物質が脳内で分泌され、消化器官の活動が活発になって、食欲がわいてきます。
このオレキシンという物質が「別腹」を作る犯人にほかならないのです。

オレキシンは、これから胃にくる食べ物を受け入れるために胃の筋肉を緩ませて胃を広げ、胃の中にあるものを小腸に送り出す運動を促進します。
胃が広くなり、中身が小腸に送り出されることで、胃にデザートの入るスペースができて「別腹」が生じるのです。

脳の仕組みって不思議ですよね。


関連記事

 ニュース

0 Comments

Leave a comment