FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

XPでアップデートを受け取る方法に警告


2014年4月9日でサポートが切れてしまったはずのWindows XPに、力技でセキュリティアップデートを受けさせる方法が公表されていましたが、ライセンス違反にもなり得るこの方法に対し、Microsoftが警告を発しています。

XP-reg.png

ITニュースサイトのZDNetは公表された方法を試し、XPでセキュリティアップデートを受け取ることに見事成功。その後、同社がMicrosoftに今回発見された方法に対してコメントを求めたところ、警告を発する文書が送られてきました。

MicrosoftからZDNetに送られた文書は以下の通りで、「今回の方法を使用してWindows XPで受け取るセキュリティアップデートは、Windows EmbeddedとWindows Server 2003向けに配布されるものであり、Windows XPを保護するには不十分です。Windows XPでテストされていないアップデートをインストールすると、機能的な問題が発生するリスクが生じます」と記述されています。
文書の最後には「Windows XPを保護するのに最良の方法は、より新しいOSのWindows 7やWindows 8.1にアップグレードすることです」と、XPユーザーにOSのアップグレードを強く推奨。

2014年4月には、Internet Explorer 6から11までの全バージョンに関わる脆弱性の存在が明らかになり、Microsoftが緊急の修正パッチをサポート切れのWindows XPにも配布しましたが、今後はいかなる状況においてもアップデートを行なわないことを明言しています。

今回のような、いわゆる裏技のような方法でセキュリティアップデートをWindows XPで受けられたとしても、ライセンス違反に当たる可能性や、Microsoftが対応することも考えられ、何よりセキュリティ面において最善ではないことが、Microsoftの警告で明らかになりました。




関連記事

 インターネット・パソコン

 ASKA

0 Comments

Leave a comment