FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

SnapLite


手軽な用途からビジネス向けまで幅広く使えるスキャナ「ScanSnap」シリーズの開発・製造を行っているPFUが、iPhoneを高性能スキャナとして使うことができる新製品「SnapLite」を発表しました。

01_20140525064317eec.jpg

本体はLEDライト内蔵のスタンドのような形をしていて、スキャン作業はiPhoneのカメラとアプリを使用することで、これまで以上に手軽に、かつカンタンできれいに撮影することが可能。

2014y05m25d_061843686.jpg

本体上部の台座にiPhoneを置き、読み取る対象をレーザーガイド内にセットする。
iPhone内部のジャイロセンサーが静止状態を認識すると、自動的に撮影モードに移行するのも気が利いている。

2014y05m25d_061832466.jpg

ガイドは赤色でテーブルの素材や環境光の強さによってはややみづらい。
逆にSnapLiteのLED照明がついているので、暗い環境でも問題なく撮影できる。

2014y05m25d_062117680.jpg

ガイド内に収まらないA3サイズの原稿も読み取り可能。
アプリで合成モードを選択し、2回に分けて撮影する。
合成処理中はアニメーションが表示される

2014y05m25d_062102908.jpg

複数の原稿を同時にスキャンすることも可能(最大枚数は8枚)。
自動的にトリミングされ別の写真としてカメラロールに保存される。
名刺などの整理に便利。

価格は税込1万2800円です。



関連記事

 家電

 ScanSnap SnapLite 飛鳥 ASKA

0 Comments

Leave a comment