FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

Therm-App


プレデター、それは赤外線を視覚化する地球外生命体。

20140325_therm.jpg

業務用赤外線カメラメーカーのFLIRがサーモグラフィ技術を搭載したiPhoneケースを今年1月より発売しました。
でもこのケースが実際発売されるのは今年の夏、随分先の話でした。
そんな中Androidユーザーに朗報! Android向け赤外線カメラのセット「Therm-App」が登場しました。しかも今すぐ使えるってさ。
2014y03m29d_063947023.jpg

使い方は、Android 4.1のスマホとTherm-App本体をUSB変換アダプタで接続するだけ。
すると、専用アプリで赤外線映像をリアルタイムで見ることができるようになります。
真っ暗闇の中でも、熱を持っている部分を検知して、人や動物を特定できるなんて…プレデターもびっくりですね。

2014y03m29d_063956242.jpg

FLIRとTherm-Appの大きな違いは、レンズ交換のサポートがあること、そしてスマホのディスプレイの視野をカスタマイズできるところです。なので、長時間の張り込みが必要なタイムラプス撮影も可能ですよ。

2014y03m29d_064138956.jpg

Therm-Appはリリース済み。
理論上では今すぐ使えるのですが、現在は監視用プロバイダOpgalのユーザーしか購入できません。
つまり、プロフェッショナルの軍事目的、セキュリティ目的、法執行関連の人しかオーダー出来ないという状態でした(じゃあ使えないじゃないか…)。

プロでない我々は、ユーザー登録して一般発売を待つしかありません。なんだ、これならFLIRの方が先に使えるようになりそう。





関連記事

 スマホ

0 Comments

Leave a comment