FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

スター・ウォーズ エピソード7


スター・ウォーズ』シリーズ最新作『Star Wars: Episode VII』(原題)が、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』から約30年後を舞台にしたストーリーで、5月にクランクイン予定と、ルーカスフィルム(米ウォルト・ディズニー傘下)が発表した。

Kotaku_201211_star_wars_episode_7_maybe_written_by_toy_story_3_writer.jpg

米オレゴン州ポートランドで3月18日(現地時間)に行われた、ディズニーの株主総会の収支報告の中で、最高経営責任者ボブ・アイガー氏が同社の今後の予定として発表したもの。

米エンタメ情報サイト「Variety」が報じた、アイガー氏のコメントによると「実際のところ、まだ企画開発の段階なので、情報の多くをみなさんさんと共有するわけにはいきませんが、若い新世代の主演3人と、みなさんのよく知った顔ぶれとが共演することになります」とのこと。

sw-ep7-0.jpg

現在、正式なキャストとして発表されているのは、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』('13)のアダム・ドライバーが“ダース・ベイダー”に代わる新たなるシスの悪役を演じることのみ。

さらには『それでも夜は明ける』でアカデミー賞を始め、映画賞を総なめにしたルピタ・ニョンゴがオビ=ワン・ケノービの子孫と考えられているヒロインの候補に挙がっていると報じられたことからも、5月にクランクインというスケジュールを考えると、すでに主役級キャストも決定しているはず。ディズニーからの続報に注目が集まる。


関連記事

 映画

 スター・ウォーズ Star Wars: Episode VII

0 Comments

Leave a comment