FC2ブログ

KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

F1ロンドン市街地レース案が再浮上


ロンドンでF1市街地レースを行う計画が、再び動き始める可能性が出てきた。

2年前、マクラーレンのスポンサーだったサンタンデールが、ビッグベンやバッキンガム宮殿といった名所をめぐるコースのF1市街地レースを計画。結局、この計画が実現することはなかったが、実現の可能性が再浮上した。マクラーレンが次のように説明している。

140228181551.jpg
2012年に発表されていたロンドン市街地レースのコース案。

「新しい法律により、公道でのモータースポーツ・イベント認可がより容易になる。これにより、大言壮語なロンドンGPが実現に一歩近づく」

また、『Times(タイムズ)』紙は「F1などのモータースポーツ団体は、公道でのレース開催を容易にする専門家の諮問制度が数日以内に始まると通達された」とも報じている。

EVによるレースシリーズ、フォーミュラEはすでにロンドンでのレース開催を計画しており、すでに2015年の開催が日程に組まれている状態だ。

しかし、イギリス出身のドライバー、ジェンソン・バトン(マクラーレン)がロンドンGP実現のころには引退する可能性があること、シルバーストンがイギリスGPを開催する長期契約を結んでいることなどから、ロンドンでF1の市街地レースが開催される可能性は低いとする意見もある。


関連記事

 スポーツ

0 Comments

Leave a comment