KOOさんの休日

IT、家電、ニュース、アート、海外情報などなど・・・

ペーパークラフトが凄い

印刷された平面の紙を加工し、作り上げる。パソコンが一般的になる前は書籍等で流通していたが、現在ではデータでの販売も進んでいる。また、アマチュアが作成したものや会社のプロモーションとして制作されたものがインターネット上で無料で配布されることも多くなっている。 子供用として配布されている簡単なものから制作に数日を要する複雑なもの、A4用紙一枚に満たない部品で完成する小型のものから同じ用紙十数枚を使う大型...

巨大なオブジェ

イギリスのウェイクフィールドにあるYorkshire Sculpture Parkにてバルセロナ生まれの現代アーチスト兼彫刻家のJaume Plensaによる英国での初の大規模なエキシビションが現在開催されていました。周囲の野外ランドスケープ内と地下ギャラリーに展示された彫刻及びドローイングのコレクションは、観る者が触ったり感覚的にアートを探求できるような最近の作品によって構成されています。人体の形態をそのままどっしりと描き出したそ...

スペースコロニー

地球上の増えすぎた人口をどうにかするため宇宙に植民地を作り、人を移していく……というのが「機動戦士ガンダム」の舞台設定ですが、このような巨大な人工の居住地であるスペースコロニーは実際に1970年代に提唱されたアイデアからきています。居住区域を回転させることで、遠心力のような感じで疑似重力が生じ、またコロニーの内部には地球上の自然が再現されるため、人々は地球で暮らすのと全く同じ感覚で宇宙で暮らすことが可能...

レゴブロックの橋

ドイツ人アーティストMEGXさんがまるでレゴブロックでできたかの様な、橋のデザインを担当した。作業期間は約4週間程かかった様です。デザイン前と後を比較してみると、この周辺が明るくなった印象ですね。ブロックと言うだけあって、なんか落っこちてきそうな感じがしますが、それだけリアルにペイントされたって事でしょうね。...

自然に同化したアート

光学レンズを利用したプラスチック造形。スコットランドの彫刻家ロブ·マルホランドの作品。自然に同化していて、探すのにもひと苦労しそうですが、映画「プレデター」を思わせる様な芸術ですね。...

3Dアートイラスト

スケッチブックに鉛筆や色鉛筆で描いた、21歳の日本人アーティスト、ナガイ・ヒデユキによる3Dアートイラスト。不思議なキャラクターが壁面から飛び出しているように見えたり、ボタンやパイプ、ブロック類が出っ張っているように見えたり、影の付け方が上手いので、特定の一点から見ると立体的に見えるトリックアートなのだ。...

七色の幼稚園

フランスはパリで、とてもカラフルな幼稚園が出現しました。カラフルな園庭はとても明るく、登園が毎日楽しくなる様なデザインになってます。内装もご覧のとおり。日本にもお洒落なデザインの幼稚園はありますが、ここまで洗練されたデザインはないかもしれないですね。...

画像加工

飛行機が墜落し、道路上に衝突する瞬間を、Photoshopを目いっぱい駆使して作り上げた、Alexander Koshelkovによる早回し映像。使用しているのはAdobe Photoshop CS 6で、複数の素材を巧妙に組み合わせ、加工し、自然かつ迫力のある現場を演出していく...

2万ピースのレゴブロック

レゴブロックと言えば、男の子なら誰もが遊んだ事のある世界共通のおもちゃです。使いようによっては大人にも十分楽しめるものになります。「レゴビルダー」ライアンマクノートさんによる、2万ピースを使ったレゴアート。イタリア、ローマにあるコロッセオを再現。長径188メートル、短径156メートル、周囲527メートル、高さ48メートルの4階建て、約4万8000人収容可能の楕円形巨大建造物が、イタリアはローマに残る古代ローマ時代の...

人気のブランドロゴの進化

人気ブランドの顔とも言える、ロゴマーク、現在存在するものから変化しています。創業当時から頑なに守り続けている企業は少ないようで、時代の流れによってその形を変えています。そんな有名企業のロゴの変化を紹介します。マイクロソフトマクドナルド任天堂日産自動車レゴコダックMozillaCANONIBMマツダこうして見るとやはり現在のロゴのほうがおしゃれに見えますね。デザインの善し悪しで知名度が違っていたのかもしれません。...